施設の問題を解決

障がい者福祉施設(事業所)・児童養護・保育園施設のお悩み解決します。

ICT化のメリット

障がい者福祉施設(事業所)・養護施設・保育園施設等の現場でICTを導入した場合のメリットとして、「人材不足」「離職率の低下」「離職率の低下」「業務量のストレス」「生産性の向上」などの問題や不満を抱えている施設の問題を解決いたします。

業務効率化により少人数でも業務を行え、業務時間の短縮や、事業所内外の情報共有が容易になることなど、様々なメリットが考えられます。

施設労働者の悩み・不安・不満等調査

厚生労働省調査資料によると、福祉業界・保育業界の人手不足、職員の離職率が高い事を実感できます。
福祉業界の人手不足、保育業界の離職率に陥る原因はどのようなところにあるのでしょうか。

  • 介護サービス事業所における従業員の過不足の状況

    厚生労働省「介護分野の現状等について」調査資料より

     資料を大きく見る

  • 労働条件等悩み・不安・不満等(複数回答)

    厚生労働省「介護労働の現状」調査資料より

     資料を大きく見る

  • 保育士1人1日当たりの主な業務の時間及び業務発生率

    厚生労働省「保育士等に関する関係資料」調査資料より

     資料を大きく見る

ICT化加速で人材不足と職員の離職を救う

福祉業界・保育業界における人材不足や離職率の高さは深刻な問題です。
福祉業界では、高齢化が進み、介護サービスを必要とする人の伸び率が非常に高くなっており人材の確保が間にいないのが現状です。
この状況から悪化することにより、職員の仕事量が増え、職員の離職を招き、職員の介護ミスによる事故につながる恐れがあります。

「慢性的な人手不足」「仕事内容のわりに賃金が低い」「時間が足りない」「余計な仕事が多い」などストレスの原因です。
『ミスヘルパーシリーズ』は、「介護サービスの生産性向上」を目標に、「人材不足」と「人材定着」の問題を解決いたします。

「Miss.ヘルパーで業務効率化」施設労働者の問題を解決

 施設・職員のお悩み

1
人手が足りない

「社会の超高齢化が進んでいる」ことから募集をかけても人が入ってこない。人手不足から職員ひとりあたりの負担が大きい。

2
報告書等の資料が多い

職員の毎月のシフト作成や記録・報告書の作成等の作業に時間がかかり、業務時間に影響がでてしまいストレスの原因になる。

3
記録を手書きで行っている

記録を手書きで行っている為、記入漏れや記入ミスが発生しやすい。手書き資料の為、スタッフ間で情報共有に手間がかかる。

4
今のソフトが使いづらい

使い勝手が悪く、使い方がいまいち分からないのでサポートに聞いても対応が遅い。高価のわりに分からないことが沢山ある。

 お悩み解決

解決
業務効率化で人手不足解消

『ミスヘルパーシリーズ』は、簡単に操作ができ、必要なソフトを組み合わせる利用できるので「業務効率化」を図れる。

解決
通常業務に注力できる

ソフトを利用し、細かくてわかりづらい書類作成に費やす時間を大幅に削減することで、通常業務に注力できる時間が増えます。

解決
手書きの手間を大幅カット

手書きでは、細かに記載する事が難しい為、ソフトを利用することで、スピーディーな情報を検索でき、情報共有の手間を大幅に削減できます。

解決
サポート体制が万全

『ミスヘルパーシリーズ』は、サポート体制も安心な親身対応。電話サポートだけでなく、訪問サポートも行います。※エリアによって対応が異なります。